!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> HaRvEST日記・京都・西京区・桂・美容室:2008年08月01日 

京つう

  キレイ/健康  |  西京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年08月01日

プルートゥ006~浦沢直樹x手塚治虫



7月30日買いましたょ~

遂に明かされるプルートゥの謎!!

BOOK OFFで、1~5巻まで買って一気に読み、6巻の発売を心待ちにしていました

あまりマンガというもので、真面目にサスペンスもの、大人向けというのも、どうか?と思いますが

原作アトム、という入口から読みやすく感じます、

漫画=夢、冒険、奇想天外・・・みたいな単純派です~

で、プルートゥ

ゲジヒト、え~死じゃうの?プルートゥって、これ?・・・これから天馬博士がなにかするの?って感じに

次の展開に向けて話がどんどん進みました、

今、現代の石油、エネルギー、食糧・・・の世界の問題を考えさせられるようで、

ロボットに例えて、人の手によって作られたり考えてきた、

便利な物、幸せにするもの、が、それぞれ立場や、使い方、考え方によって

凶器にもなるの?って・・・

原作の手塚治虫さんも、ずっと昔からそんなことかんがえていたんだろうな~すごいです

でも、そんな現実が今こうしてあることが、悲しいですね

想像できる、いやなことを避けられないのでしょうか?

・・・これから自分が出来る努力の積み重ねと思います

本からだいぶそれましたね

たまには、真面目に

活字があまり得意じゃない私には、

漫画でたまには、こういうのもありでした~

アトムの復活たのしみです。


”枯れずに咲いている花は、ないの~手間がかからないから

・・・種をつけて、花は、枯れなきゃ・・・

って、話のあとに出会う枯れずに咲きつずけるチューリップ、その名前が

プルートゥだったんです・・・

・・8・4ナルト43巻発売ですね~買いに行ってきます~

  


Posted by c7 at 09:30Comments(0)コミック